<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< イマ*イチ前期打ち上げ | Main | 今出川のタイカレー専門店「アオゾラ」 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
こんばんは。
ネーミングセンスとギャグのつまらなさに定評のある、
5月号編集長のちょるちです。
こんなんでも21年間関西人やってます。


5/6の記事「モノノケ今出川」
http://imaichiimaich.jugem.jp/?day=20100506
でも紹介したように、上京区の大将軍商店街では妖怪でまちおこしをしたり、
大将軍八神社では「モノノケ市」が開かれたりと、なにかと妖怪に縁のある土地です。

もともと妖怪好きの僕はこの5月の一件以来、
上京区に他に妖怪に関連した何かがないのかな、と思って調べていました。


区役所のサイトなどで調べてみると、あるわあるわ。
そんなわけで今日は今出川周辺の妖怪スポットを紹介します。
いくつか回ったので、とりあえず第一弾としておきましょう。


「一条戻橋」


以下にこの橋にまつわるエピソードを紹介します。


 嵬甼供廚量樵阿陵獲
延喜18年(918)年、文章(もんじょう)博士(※官僚育成機関で歴史学を教える役職)
三善清行が亡くなった時、父の死を聞いた熊野の僧「浄蔵」が紀州熊野から、
京都に馳せ帰ると、その葬列はちょうどこの橋を通っていました。
浄蔵は柩にしがみついて泣き悲しみ、神仏に祈願したところ、
父である清行は一時蘇生して父子は言葉を交わすことが出来たという伝説から
戻橋と名付けられたと言われています。


渡辺綱と名刀髭切と鬼
太平記、剣の巻にによれば、源頼光の四天王のひとりである渡辺綱が、
深夜にこの橋の東詰で、美しい女性から「夜更けが怖いから送って欲しい」と
頼まれたので、馬に乗せると女はたちまち鬼と化し、
渡辺綱はこの鬼の腕を源氏の名刀「髭切」をもって切り落としたと記されています。
なお名刀「髭切」はその後「鬼切」と名を改めたそうです。


あの世とこの世の境界線
一条戻橋は「あの世」と「この世」を繋ぐ橋とも言われていました。
伝説では、平安時代の天才陰陽師として名高い安部清明
父である保名が殺害された場所であり、
清明が呪法を駆使して蘇生させた場所とも言われています。


このように人が死んだり、行きかえったり、鬼が出たりと、
なかなか物騒な一条戻橋ですが現在の橋は平成7年に新築されたものです。

石橋を叩きつつも、安心して渡りましょう。



戻橋の側にある公園にはこんな柱が。
つくづく不思議な場所です。
















 
| イマ*イチWeb | 22:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 22:32 | - | - | pookmark |
COMMENT
オカルト万歳!

心霊スポット&廃墟ツアーしたいぞ!!
| コンペの主 | 2010/06/17 3:02 AM |
>>コンペの主
軍艦島とか行きたいな。怖いけど。
| 阪急の駅員 | 2010/06/17 9:22 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://imaichiimaich.jugem.jp/trackback/139
TRACKBACK