<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今出川で盆踊り | Main | 今出川の樹々 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
JUGEMテーマ:京都
 
JUGEMテーマ:地域/ローカル



こんばんは、吉岡です。


上七軒の盆踊りで踊り狂って、またしても西陣わっしょい夏まつりに戻ったころには、あたりはもう暗くなっていました。







ペットボトルにロウソクを入れた、手作りの灯りが光ります。これキレイ。



ちなみに上七軒の盆踊りは、出してー出してー上げてー上げてーさがってさがって押してー押してー開いてたたく、です。覚えましょう。




さて、ふたたびの西陣わっしょい夏まつりで、フランクフルトや焼きそば(男の味でうまい)、ゆず酒、発泡酒、チューハイなどを楽しんでいた僕たちに、耳よりなアナウンスが。



「ただいまより、同志社大学喜劇研究会のお笑いライブです」



われらが同志社大学のお笑いサークル、喜劇研究会から、総勢5組のコンビが来ていたのです。



ということでステージまで観に行くことに。



しかし!ネタがおもしろいとかおもんないとか以前に、マイクの不具合がえげつなかったです。


頑張って漫才をやっていても、何を言っているのかほとんど聞こえない悲しさ。


ネタの途中で、司会のおばちゃんが替えのマイクを持っていくのですが、おばちゃん、そのマイクは、さっきも替えようとして持って行ったけど、スイッチ入れたらキーーーーーンって音がなるやつやねん。


残念でした。


そんな中がんばっていたのがこのコンビ。





左の人が鬼のような仮面をつけ、右の人がピエロのようなメイクをしています。



左の人がなにか悪いことをして、右の人にペコペコと謝るのですが(上の写真がそのシーン)、毎回、



「痛い痛い!謝ってるつもりかもしらへんけどツノが刺さってる!痛い痛い!」






ゲテモノゲテモノ(ダンスつき)



っていうのを繰り返すネタでした。




一番おもしろかったのは、





この、「痛い痛い!」のときに、司会のおばちゃんがまた替えのマイクを持って、ジャマにならないようにかがんでふたりの間に乱入して、おばちゃんも右の人を攻撃してるみたくなったやつでした。




このあとジャズバンドのライブがあり、そしてビンゴゲームが始まりました!



さっきのジャズバンドが、ビンゴの間じゅうずっとBGMを演奏してました。


ビンゴが出たらトランペットの人がパッパラパッパッパーみたいなメロディを奏でてくれて、すごく豪華なビンゴでした。



僕たちはというと、




リーチばっかり出て全然ビンゴにならないやつでした。


5人が5人ともそうでした。子どもたちばっかり当たってました。


子どものころはテントや扇風機を当て、ビンゴ大会荒らしと恐れられた僕でさえこのざまでした。


やっぱり純粋な心を持つ子どものほうが当たるもんですね。



ビンゴが終わったころにはもう夜店も閉まり、まつりも終わりでした。


ゴミをちゃんと指定されたとおり分別して捨て(ワンランク上の大学生はこういったルールをきちんと守ります)、帰りました。



地域のお祭に参加してみるのもおもしろいもんです。それがわかった一日でした。


そして盆踊りでは、少々はずかしくても輪の中に入って踊ってみるべき。楽しいです。


しかし、お手本にしていた前のおばちゃんが輪から抜けてしまったときは絶望します。



まだまだ夏は続くので、今出川でこれから行われる夏祭にもできるかぎり潜入し、レポートしたいと思います!さよなら!
| イマ*イチWeb | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 22:11 | - | - | pookmark |
COMMENT
僕も西陣わっしょい夏祭りに行ってましたよ!

喜劇サークルはすごかったですね!

ネタが終わったときに
司会の方がネタを丁寧に解説していたところと
マイクの不具合さに大爆笑してしまいました☆


| ちんねん / まいまい京都 | 2010/08/06 5:20 PM |
>ちんねんさん
そうなんですか!まいまい京都の方々も何人かお見かけしました。
あの一連の流れが壮大なネタでしたよね!笑
| よしおか | 2010/08/07 11:36 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://imaichiimaich.jugem.jp/trackback/195
TRACKBACK