<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今出川の父 | Main | 本と今出川 惴貼驢 獺祭書房』 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Welcome to underground! 



みなさんは、上のマンホールを見た事ありますか?

これは京都市にあるマンホールで、真ん中の記号は京都市のマーク。まわりの模様は古都京都にちなんで御所車をモチーフにしたものなのです。もちろん今出川通りにも散見されます。

 

カンの良い方ならもうお気づきかも知れませんが、今回はマンホールというニッチな話題です。あきらめずに最後まで読んでください!

 

どうでもいいかもしれませんが、普段見逃しがちなマンホールのデザインの簡単な説明をいたしますと、通常マンホールは上下水道、電気、通信などその用途に合わせた記号や文字をあしらったデザインになっています。しかし、このようにたまにその土地ならではの珍しいデザインのマンホールをつけることがあるのです。都市景観計画は足元から始まっているんですね。

というわけで今回は今出川通りで見つけた珍しいマンホール。マンホールならぬチnをご紹介いたします。

 

 

まずは、オーソドックスな京都市のマークがあしらわれたマンホール。放射線状のデザインがエレガントさをアピール。

 


京都御苑の中でみつけたマンホール。宮内庁のおすみつき。東京の皇居にもあるのでしょうか。いつか行く機会があれば確認してみたいです。菊門はありませんでした。

 

 

最後は今出川通り沿いにある某京都大学の中で見つけたマンホール真ん中に「大学」とかいてありますね。ちなみに同志社大学には珍しいマンホールはありませんでした。残念。

 

ほかにも変わったマンホールがあるかも知れません。はまると結構面白いので皆さんも探してみてください。

下を向いて歩きましょう!

| イマ*イチWeb | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 21:32 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://imaichiimaich.jugem.jp/trackback/222
TRACKBACK