<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今出川と本 本とカフェ | Main | マザーリバー鴨リバー >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
こんばんは、ヨウイチです。


これは、良心教育を受けている同志社生からしたら一般常識なのですが、


本日6/14は我らが新島襄の妻、
ハンサムウーマン新島八重の命日なのです!


僕らの八重さん


ただ、ハンサムウーマンという二つ名が先行していて、
八重さんのどこがハンサムウーマンやねん!
と腑に落ちない人々もおられることでしょう。


そんな、ノンハンサムピーポーな皆さんのために、八重さんの武勇伝をひとつ。


八重は、銃眼からのぞいて、堀の向こうにいる敵軍の隊長らしい男を指さした。男は背が高く、朱色の鉢巻をしている。指揮する旗を持っていた。「いまから、あの鉢巻の男をねらって撃ちます。見ていて下さい」八重は、胴乱から銃弾を取りだすと、スペンサー銃にこめた。そして前の銃眼に、銃を射し入れてしっかり構えた。大きく息を吸ってから止め、引鉄を引いた。ダーン。朱の鉢巻の男が、一瞬飛びあがりどつとたおれた。銃眼からのぞいていた三人の兵が、おどろきの声を上げた。そして、八重の銃が敵の隊長らしき男を一発でたおした、とまわりにいる者に大声で告げていた。兵たちの態度ががらりと変わった。兵たちはその後は、八重の指揮通りにどんどん動いてくれた。

同志社女子大学HPより


これは厳つい。
実力で男どもを黙らせ、認めさせる。
これをハンサムウーマンと言わずしてなんという。

襄さんもいろんな意味で心強かったことでしょうな。


僕にとってのハンサムウーマンも現れて欲しいものです。
おあとがよろしいようで



それではまた。
| - | 23:44 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 23:44 | - | - | pookmark |
COMMENT
そんな話あったんですね、ハンサムです、
| 追4伸 | 2013/06/15 2:11 AM |
わたしも八重さんのようにハンサムに生きようと改めておもいました!
| えび満月 | 2013/06/15 11:22 PM |
どうもハンサムウーマンですw
| びひき | 2013/06/15 11:44 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://imaichiimaich.jugem.jp/trackback/537
TRACKBACK